高田芳樹 TAKATA Yoshiki/本展野外作品 国際野外の表現2008展 IOE HIKI

国際野外の表現展2008比企

TOP2009200820072006200520042003|2002 


高田芳樹 TAKATA Yoshiki

高田芳樹


A soul in white passes through a red bridge.
All lives born in this world start a trip to a different world sometime and the soul departing to a trip ranges as a white track.
This place provides us a relief but it makes us feel dangerous at the same time. The red bridge is "WE." The departed white track becomes a portion of metempsychosis. Would the white track return again.


[白き魂は、赤い橋をくぐる]
この世に生まれし生命はいつか別世界へ旅立つ。魂は、連なる白き軌跡となって…。
安らぎを与えてくれる、この場所は、同時に危うさを感じさせられる。赤い橋は「私たち」だ。旅立っていった、白き木々は、輪廻の一部となり、再び戻ってくるのだろうか。


プロフィール
2008
1月 ドイツ・シュツツガルト国際シンポジュウム
2月 西サハラ・LAAYOUNE国際シンポジューム
4月 個展 三鷹「ぎゃらりー由芽」
5月 個展 荻窪「歳時季」
6月 ループ展 アートinはむら Art on the hill
8月 オランダ・Delft 国際シンポジューム
川越 あるってアート
9月 グループ展 接近展「国立」
10月 グループ展 かたち・ふれあい展 「日野」
12月 エジプト・国際シンポジューム

JAPAN






Copyright(c) 国際野外の表現展, 2002-2018.