梶浦聖子 Seiko KAJIURA/本展野外作品 国際野外の表現2007展 IOE HIKI
TOP2009200820072006200520042003|2002 


梶浦聖子 Seiko KAJIURA




I reclaim this place in nature for myself.
I artificially reclaim the place in nature. The person who relax here feels comfartable, and appreciate nature. The person on the bank feels unwelcom because he thinks reclaiming has no meaning. Do you think there can be balance between human beings and nature? When these people changes places they can understand the other feeling.


埋め立てる、私のために。
自然の中に不自然に人々の落ち着く場所をこしらえました。そこでくつろいだ人は快適に絶景を授かり、感謝の心を生み出しました。反対岸にいる人は無用のものを作ったようにしか思えませんでしたので、目くじらと立てて言いました。「人はどんなことをでもしていいと思っているのですか。」そのふたりが入れ替わった時、お互い過去の気持ちを忘れました。


Profile
●Solo Exhibition
・2007 "SIMADORI", Gallery KOBOCHIKA,Tokyo
・2007 "SIMADORI", Bentara Budaya Yogyakarta
・2006 "Kromos-gatta", Ars Gallery, Tokyo
・2003 "Heiwa-na-koto", Ars Gallary, Tokyo
●Selected Group Exhibition
・2006 Back to Senses, Dahara Gallery, Semarang, Indonesia
・2006 Japan meets Linnaeus, The Botanical Garden in Uppsala, Sweden
・2005 Consciousness of the Here&Now, Biennale Jogja Vlll 2005, Taman Budaya Yogyakarta
・2002 Kajiura Seiko Kyoko Exhibition "Debussy and Choco-Freak", Pepper's Loft Gallery, Tokyo
・2001 Continue Art ProjectII, Oshima-mura, Nigata

http://www004.upp.so-net.ne.jp/monasuky/


プロフィール
●個展
・2007 島鳥 ギャラリー工房親
・2007 SIMADORI Bentara Budaya Yogyakarta, インドネシア
・2006 クロモスガッタ Ars Gallery
・2003 平和なこと   Ars Gallery

●主なグループ展
・2006 Back to Senses ダハラギャラリー, インドネシア スマラン
・2006 Japan meets Linnaeus スウェーデン ウプサラ
・2005 ジョグジャビエンナーレ2005 インドネシア ジョグジャカルタ
・2002 梶浦聖子京子展 ドビッシーとチョコフリーク Pepper's Loft Gallery
・2001 Continue Art Project 新潟県大島村

INDONESIA






Copyright(c) 国際野外の表現展, 2002-2020.